恋愛結婚のチャンス

かさねていいます。恋愛結婚のみが正しい結婚の出発なのです。けれども、実際問題として、
はたしてだれもかれも恋愛のチャンスにめぐまれ、そしてすべての恋愛結婚がかならず結婚とし
て成功するでしょうか。けっしてそうはいえないのです。第一、恋愛しようと思って恋愛できる
わけではないのです。恋愛はひょっこりおとずれてくるものなのです。思いがけないときに与え
られるものなのです。しかも、そのチャンスはたいへん少ないのです。今日のところ、職場だけ

が恋愛のチャンスを合法的に与えてくれる唯一の場所なのです。しかし、その職場もぜんぶ、未
婚の同数の男女で占められているわけではないのです。そこで、夫のある女性、妻のある男性と
の間に、不幸な恋愛がしばしば職場では発生することになるわけです。
結婚前に相性ピッタリの相手を見つければ結婚生活の苦労はもっと減るだろう。

恋愛結婚でなければいけない。ところが、その恋愛のチャンスがあまりにも少ない、だからも
し、どうしても恋愛結婚でなければいけないという理論をいつまでもすてないとすれば、自然、
適当な婚期をのがしてしまうことになるわけです。いまさら、現代人としてどうして封建的な媒
酌結婚ができますか、lこういう強い自覚のために、ズルズルと二十七になり、三十になる娘

さんも多いことと思います。これは悲しいことです。
そこで、実際問題としては交際結婚という形をとるより他ないということになります。未知の
男女が第三者l親とか叔母さんとかIに紹介され、しばらく交際してみる、そしてよかった
ら、結婚するというやり方です。今日ではこういうやり方がいちばん実際問題としては流行して
いるように思われます。そしてこれはたしかに穏健な方法だと思います。恋愛結婚でなければ、
どうでも媒酌結婚をする、これは理論的にははっきりしていますが、恋愛というものの性質を考
える以上、こういうあれかこれかと、いう考え方は現実を少しはなれすぎているようにも思われま

出典元:安心 出会系
010

Comment (1)

  1. Mr WordPress

    これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>